変な人を装う旦那の観察日記

茶番が始まります

クセ

服自慢

更新日:

彼はオシャレとは無縁の生活をしています。

基本的に服を買いません。

年を重ねると、服に興味がなくなる人多い気がしますね。

たまに、服を買わないことに快感を覚えてしまう人もいるようですし。

禁欲をしているとそれが楽しくなる傾向があるみたいですね。

例えば、

ガラケーをずっと使っていてスマホに変えるタイミングを見失った人も、

かえないことが快感になってきてしまうんですね。

他にもICカードを使わない人とか、

電子決済をしない人、そんな人と同じです。

服を買わないことも、いつの間にか快感になるようです。

彼はまさにそれです。

でも、彼にはお気に入りの部屋着があります。

高校生の頃から来ているトレーナーのような服です。

黒の長袖の上にねずみ色の

まるで重ね着をしているかのような服です。

それがとても着心地がいいらしく

その服を着るたびに自慢をしてきます。

自慢ポイント1

「この服は高校時代から着ている」

その割に丈夫なんだよ自慢してきます

見た目はもうテロンテロンなんですが、

生地自体は、確かにほつれたりはしていないので丈夫な方なのでしょう。

自慢ポイント2

「とにかく着心地がいい」

まるでシルクのような肌触り。だそうです。

でも、そこでひとつ疑問が生じました。

恥ずかしながら私はシルクの服を着たことがありません。

ちなみにうちにもシルク素材の服はありません。

すると、シルクのような肌触りというのは信用できるでしょうか・・・

いや、できません!

そこで、関係ない会話のときにそっと聞いてみました。

結論・・・シルクの服を着たことがありませんでした!

まぁ、どうでもいいです。

自慢ポイントその3

「イトーヨーカドーで買った」

その自慢のポイントが未だにわからないですが、

ヨーカドーで買ったことが自慢だそうです。

なんとなく、彼の話を要約すると

イトーヨーカドーという高級ブランド店でもないところで買った服が

いまだに着れている。

ということが自慢ポイントだそうです♡

この話はきっと、1年後、5年後・・・もしかしたら10年後までされるかもしれません。

そう思うと・・・その服すごいな!

-クセ

Copyright© 茶番が始まります , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.